餃子の種類☆1

定番の餃子

焼き餃子

食欲をそそる香ばしいニオイ。

パリパリに焼けた皮をかぶりつくとモチモチの皮、中からじゅわ~っとあふれ出る肉汁と野菜のうまみ。

考えただけで「今晩は餃子♪」と思ってしまう焼き餃子はどうやら日本で1番好まれている食べかたらしい。

日本の主食は米なので、米に合うおかずとしては、油の香ばしさが加わった焼き餃子の方が適していますよね。

焼き餃子はご飯に合うおかずとして日本人に受け入れられました。

水餃子

皮を少し厚めに作り、熱湯でゆでた餃子

水を切り、タレを付けて食べる物です。

水餃子は中国ではもっとも一般的な食べ方です。

皮が薄いと茹でた時に破れて中身が飛び出てしまいます。

その為、焼き餃子よりも厚い皮を使って作られています。

蒸し餃子

蒸し器や鍋を使って、沸騰したお湯の蒸気を使って餃子を蒸し上げる調理法です。

水蒸気の熱で加熱するのでふっくらとした食感になり、加熱することで形が崩れないのが特徴的。

そのため、色とりどりの食材を使って繊細な形や点心に多く使われています。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ