餃子とワンタンの違い

餃子は皮がまるい

ワンタンは皮が四角い

餃子とワンタンはもともと同じ物とされています。

唐の時代、具を皮で包む料理の総称でホントンという料理がありました。

北に広まったのが餃子。

南に広まったのがワンタン。

餃子はお祝いの席で食べるもので、当時のお金の形を真似たので丸い皮になりました。

ワンタンは庶民の食べもので、作りやすいように伸ばした皮を四角く切って作るものです。

家庭で手作り餃子を作る時の皮は買いますか?作りますか?

餃子・シュウマイ・ワンタンの皮の違いも比較してみようと思います。

スーパーに行くと大きさや厚みなど様々な種類の餃子の皮が売っています。

その餃子の皮の隣には、ワンタンとシュウマイの皮も必ずおいてありますね。

餃子の皮とシュウマイの皮の違いは、厚みと形にあります。

餃子は、皮と具の両方を味わう料理

シュウマイは、具がメインの料理になっています。

餃子の皮はやや厚めで、シュウマイの皮は具を邪魔しないように薄めに出来ています。

なので、パリパリの餃子を作りたい時には、シュウマイの皮を使うということもできます。

ワンタンの皮は何が違うのでしょうか。

ワンタンの皮は、餃子やシュウマイの皮とまったく違うます。

それは「かん水」を使用している所です。

かん水を使うと、中華めんの香りと黄色みがでます。

つるっとしたのど越しや食感もあります。

シュウマイにはシュウマイの。

餃子には餃子の。

基本的に求めている色や形、食感がいいならばその皮を利用することをおすすめします。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ