餃子の種類☆2

☆変わり餃子

揚げ餃子

たっぷりの油でカリッと揚げるので、サクサクとおやつ感覚で食べられるのが特徴です。

具の水分をしっかりととってから揚げるのがポイントです。

中身を肉・野菜などを使った物のほかに、りんごやバナナ、アンコなどの甘い揚げ餃子もあります。

スープ餃子

水餃子と同じように茹でた餃子ですが、スープと一緒に食べるタイプになります。

タレの変わりにコクのあるスープや具と一緒に食べます。

中華スープだけではなく、和風、洋風ともに相性がいいのでアレンジしやすい餃子です。

手羽餃子

モチモチの皮の変わりに鶏の手羽先に肉や野菜をつめて油で揚げる変わり餃子です。

プリッとジューシーな手羽先に中に入れた野菜のうまみが染み込んで、中の具にも手羽先の味が染み込むのでご飯のおかずにも、ビールのおつまみにも合う逸品です。

居酒屋メニューでも人気があります。

他にも、デザート系の餃子があるのを知っていますか?

千葉にある「餃子小舎」という喫茶店を見つけました。

そこのお店には餃子パフェなるものがあるんですよー!

見た目は餃子なんですが、中身がクリームチーズや白玉チョコが入っていたり、チョコブラウニーが入っているものもあるそうです。

いろいろとアレンジできる餃子。

料理の時にチャレンジしてみたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ